[回到版面]
回應模式
名 稱
內 文
附加圖檔[] []
  • 可附加圖檔類型:GIF, JPG, JPEG, PNG,瀏覽器才能正常附加圖檔
  • 附加圖檔最大上傳資料量為 4096 KB。
  • 當檔案超過寬 125 像素、高 125 像素時會自動縮小尺寸顯示
  • AA可使用 [aa][/aa] 防止變形

無標題無名氏17/11/12(日)11:42:29 ID:XNeSrUUENo.1705
・夢での“練習”による身体能力の向上や悪夢障害の治療などへの応用が見込まれる明晰夢を、トレーニングだけで見られるようにする有効な手法を、オーストラリアの研究者が見つけ出した。

・リアリティチェック法──1日を通して数回、自分が夢のなかにいるかどうかを確認する。簡単な動作を繰り返して夢か現実かをチェックすることで、夢のなかでもそれが習慣となるようにする。たとえば「口を閉じた深呼吸テスト」は、夢のなかでは口を開けて深呼吸しているかのような、矛盾した感覚に見舞われることがあるという。

・二度寝法(WBTB:Wake Back To Bed)──入眠から5時間後に目を覚まし、数分間起きてからベッドに戻る。これは入眠後すぐに起きるレム睡眠へと誘導しやすくする。

・明晰夢誘導の記憶法(MILD:Mnemonic Induction of Lucid Dreams)──入眠から5時間後に一度起きて、睡眠に戻る前に夢を自覚する旨の意思を強くもつ。冒頭の例のように「次に夢を見るときは、自分は夢のなかにいると自覚する」と、何度も唱えながら眠りにつく。

・実験の結果、1週間目に行われた誘導テクニックなしの明晰夢率が平均約8パーセントほどだったのに対し、2週間目に3つのテクニック全てを組み合わせた47人は、17.4パーセントの成功率を達成した。

・MILD法は初心者の、しかもこのテクニックを試して日の浅い人達にこそより有効であることがわかった

【刪除文章】[]
刪除用密碼: